大分でオフしてきました

先週末別府大分マラソンにでたときに臼杵という場所にいる友人にあいにいきました

大分には僕の大学以来の友人がいるのですが彼に会いに行くのも一つの目的でした。

一緒に写っているのは中村充という大学生の時の駅伝部同期でした。

彼は僕と一緒なんですが残念ながら挫折して地元に帰った人間です。彼に会ったのは12年ぶりくらいで本当に久々だったんです。

彼は地元の大分県臼杵で呉服屋の16代目として活躍する若旦那。若者らしい新しい発想で新しい営業も考えながら真剣に地元の方と街を発展するために取り組みを行っているそうです。

赤穂屋 ~彼が頑張る呉服屋のHPです~

今は経営者として四苦八苦しているようですが、昔は駅伝部で四苦八苦した仲です。

私の同期は16名はいたのですが、私を含めて半数近い人間がやめた暗黒世代で、彼とも話をしましたが未だにその時のコンプレックスを抱えてる一面があります。

そのコンプレックスを仕事にぶつけて他とちがうんだ!なんて一生懸命仕事に向き合っているふしがあり、決して良い思い出ではない部分がありますが、こうしてバネにもなっているんです。

私も珍しく昔の思い出やささやかな経営の話を酔いがまわりきり眠くなるまで語り尽くし、充実した再会になりました。

彼に私の昔の印象を聞いたら

がんばっていたのはだれもがわかっていたけど、要領が悪くてなにを考えているかわからないやつだった

といわれ、なんかいまと大差ないなと感じて反省した次第です(汗)

距離は離れてますが彼のようにがんばっている同年代を友人に持てたことは素晴らしいです。また彼に会いに行くために別府大分マラソンに参加するのも悪くないかもしれません。

=KANATA=