軽井沢リゾートマラソンの伴走をしてきました

10月23日に開催された軽井沢リゾートマラソンに依頼でアテンドと伴走をしてきました!

img_20161023_0831591

今回はコチラのチームサポート!4名が初ハーフ!!

軽井沢というリゾート気分で楽しめる最高のハーフマラソンです!という殺し文句で決断したリゾートアスリートな皆さんです笑。付け焼刃練習、バス確定のつもりで出る人、すでに飲むことを考えている人、ここにアスリートはいません笑

でもとにかくランニングを楽しみたい!リゾート満喫したい!という思いで集合した方々です!

img_20161023_0853361

チームとは別に今回はお客さんの伴走もありました。

お客さんの依頼で様々なペースフォローをさせて頂くことがあります。

例えば、フルマラソンでサブ3をしたいからとか、6時間以内で完走できるようにとかです。1km4分10秒~1km8分を超えるペースまで最後まで補助をさせて頂きます。

ペースメイクもそうなんですが、記録ギリギリのサポートとなる時はとにかく止まらないように給水のフォローとか間食の提供、目標計算と計画+ペースメイク、必要な時の声かけなど希望に叶うサポートをするのが伴走の内容となっています。今回のフォロー対象者は軽井沢リゾートハーフ19.6kmの関門2時間27分をカットできるように誘導することでした。しかし、正直スタートの前からの練習状況などから考えて完走が厳しいと考えていました。可能な限り次のステージへの自信となるようにしたいなと思っていました。

今回はG地点。一番最後のスタートです。

タイムロスが非常に気になるところです。今回はスタートラインを切るまでに3分30秒の時間が必要となりました。距離にして400~500m分の時間がここで失われたのですが、これが後に大きな影響を受けることになりました。。。

【今回の関門はコチラ】

■5.1km/45分 ■11.7km/1時間33分 ■13.0km/1時間41分 ■15.2km/1時間56分 ■17.6km/2時間15分 ■19.4km/2時間27分

5.1kmは36分で通過予定。タイムロスを考えると余剰が5分。関門ギリギリで考えると8分ペースでも若干お釣りがくる計算なんですが、後半みてもらうとわかりますが、17.6km~19.4kmが12分しかない。ペースにして7分10秒/kmくらいで通過しないとかなり厳しい設定になっています。

【平均すると】19.6kmで7分30秒以内で走らないと完走ができません!タイムロスを考慮して7分20秒以内が完走ペースになるのです。

走り込みが足りないから温存しても意味がない。それにその余剰もないで行けるところまで行くというペース配分。とにかく関門を一個でも多く通過することを目標にセッティングしました。

【5.1kmの関門】

特に問題なくクリア。コンディションも良く見えたので少し安堵。マイナスイオン効果?余剰タイムは約5分で通過。でも1km20秒ラップを落とすとあっという間に埋まってしまうので気が抜けない。

【11.7kmの関門】

関門誘導自転車を確認。あれ?そんなに近い?この時の通過ラップまだゆとりがある。8km~10kmの起伏で少し疲れが出た影響で平坦でも7分ペース維持が困難に。なんとか7分10秒以内でまとめるようにリズムを考えてもらうように指導。

【13.0kmの関門】

通過時リミットまで2分しかないのになぜか関門番人がいない。以外と関門通過曖昧なのかな?そんな淡い期待は次の関門で崩れる。ここからの若干の上りで足が止まり少しだけウォーキング。体制を整えて再度走り出すがラップは明らかに落ちてきて苦しそう。

「歩きたい・・・」

あまりの辛さか口から漏れる声。でも歩いてる場合ではない。関門の余剰は2分切っており、終盤の関門のきつさを考えるといま走らないと完走がみえる前で封鎖されてしまう。別のマラソンで完走できずに泣いていたという話を聞いていたので、

「いま走らないと絶対に完走できないです。悔しい思いしたくないでしょ?だったらがんばってみませんか?」

と声をかけて、その悔しさがバネになるように誘導。思った以上にそこから踏ん張りが聞いて、15.2kmの関門も通過。でも気になるのが15.2kmが関門なのに15kmに関所が。これ曖昧なんじゃないか?ちょっと不安がよぎる。

【17.6kmの関門】

想定より関門が遠い!1分近い余剰があると思っていたのですが、関門が想像よりもずっと前にあり、しかも陸橋の起伏がΣ(゚д゚lll)

「あと1分だよ!!!」

関門が起伏で確認できないが、近いことはわかる。でも坂の上りだからと足を止めてしまったらもう関門通過は困難。しかも、その後のリズムを崩さないで走り抜かないといけなかったため、この起伏でエネルギー使いすぎて足を止めたらまずい。そう考えて苦肉の策でしたが、腰を軽く支えて上りをやり過ごすことに。上りきってから関門を目にしたクライアントが焦って無理にペースを上げてしまい、雑な下り方とペースの乱れで一気に緊張が高まる。

結果、関門はよく聞き取れませんでしたが残り一桁秒で通過。ぎりぎりだったんですが、その数秒を落ち着いて通過できればまだ勝機があったかもしれないんですが、ツケが大きく走りに影響し、ウォーキングペースにダウンしてしまいました。

「次の関門厳しいです!歩いている時間ないです!動けませんか?!」

でも、体も心も一杯で充電が必要だと判断し、早歩きでしばし繋ぐも時間との戦いは刻々と迫ってる。タイムリミットも来ていてこのリカバリー反動で挽回するくらいの走りをしないと関門通過できそうになかったのです。しかし、想定リミットから大きく遅れてからしか走ることができず、

「もう無理かな・・・」

走り出してからそう考えながらも関門がアバウトであること願ってスパート誘導。リズムは一時6分台/kmまで回復したんですが、せっかく出てきたリズムが止まるアクシデント。腰に巻いていたウェアがすり落ちて足に絡み走れなくなる。瞬時に判断できず対応が少し遅れる。リズムもその時に落ちて流れが崩れる。

「あと何キロ?」

苦しい中で距離と時間を気にするクライアント。でも距離が中途半端で関門も確認できず正しい情報が出せず困惑。とにかく、前をみて頑張るしかない中でついに時計は2時間27分を経過し、リミットすぎる。

「まだ?どこ?関門!?」

僕にもわからない。とにかく頑張るしかない前に進まないとと必死で誘導しましたが・・・

関門リミットから遅れること90秒。最終関門で閉鎖を喰らい、ゴールに至ることができませんでした。それを確認したクライアントはこんな最後までやれると思ってなかったこともあったんでしょう、あと少しができなかったことに悔しさからか涙していました。

実は僕、人生で初めてマラソン大会で関門にかかりました。

この伴走を受けたときから、どこまで行けるかというイメージでスタートしたのでゴールは難しいと感じてはいましたが、まさかここまでギリギリの駆け引きになると思わなかったので終盤に向かうにつれて僕も本当に必死になりました。

90秒と時間は作れなかったのか?

  • Gグループスタートだったのでロスが大きくなりました。マナーを守るのは100も承知ですが、前に入れたらゴールが目指せたことになります。
  • 装備が良くなかった。クライアントの手持ちのポーチがひどく使い勝手が悪く、無意味に結構な重量が入っており、大きく揺れて邪魔をしていたことが道中に判明。これはチェック不足だったと大きく反省しました。

可能性がなかったわけではないと思います。特にポーチは僕は途中で持ったのですがまさかこれほど負担があると思わなかったのでびっくり。ポーチ選びがこれほど重要だと感じたのは初めてです。

最初はクライアントも行けるところまで~

と言っていたのですが、ご本人の涙をみて、もうすこし事前の積み上げを早い段階で誘導できればこうはならなかったと思うと、本当に残念な結果で。これほど悲しい顔されると思わなかったこともあり、悲しい気持ちと無念な気持ちでいっぱいになりました。

それはたぶんご本人もわかっています。でも分かっていても一人では積み上げることができず今日を迎えて、結果これほど大きな後悔を生んだわけですから、これをバネに次のステージあるホノルルマラソンに向けて気持ちを切り替え取り組んで欲しいと思っています。

チームメイトの完走状況

初ハーフ2人組。最後まで競り合って仲良く走ったそうですが、2時間ちょっとで無事ゴール。終わってから飲みまくり食べまくりで大きなプレッシャーから開放されたそうです。同様に初ハーフの男性は無事に完走。

女性陣2名。拮抗していたようで途中仲良く走ったそうですが、最後は一人が置き去りに。女性の戦いは激しいですね。

スタート直後は前を走っていたはずのアイアンマンはなぜかワープという秘技を使ってゴールにいたそうです。

親子で参加した方は、息子さんがチーム最速。でも想定より大きくタイムを落としてしまう。パパは終始僕と並走にちかいラインで走られていたので同様に関門危機にさらされて、ラストの関門であえなく捕まりました。本当に惜しかったです。

普段見ている方は完走するしないで悩む方はいないのですが、また違った頑張りや目標目的を見ることができてよかったです。

完走?の感想

リゾートとは名ばかりで本当に関門きついです。初参加の方はしっかりチェックしてくださいね。

紅葉は昨年よりも鮮やかではなかったのですが、別荘地の木々を走り抜けて感じるマイナスイオンはすごく素敵。大変いいマラソン大会だと思っています。

たぶんまた、来年も同じようなメンバーで参加すると思うのですが皆でまた楽しみにして参加したいと思います。

=KANATA=