2016ホノルルトライアスロン参戦記

3回目のホノルルトライアスロン

今回で3回目となったホノルルトライアスロン!
最初は自分で全部手配してみたり、2回目は何人か連れて行ったり、
今回は初めてKULIAでウェアを作成して参戦することになりました。

わずかですが、参加者も増えて盛り上がったことは良かったんですが・・・

やっぱりフォローやアテンドをする大変さも痛感することになるので、
来年のためにどんなものを用意するといいとか、どうしたこうしたというのをコチラ綴っておこうと思います。

ホノトラを楽しむための「フライト手配・手続き」参考ページはコチラ

完走に必要な「準備物」参考ページはコチラ

レンタルですましちゃいたい人の「レンタルプラン」参考はコチラ

エリートな方に言わせればこれもこれも!とあると思うのですが、僕が3回参加した中でこれだけ準備すれば困ったことはあとは技術的な問題くらいです。

一から準備すると様々な手配と準備物を用意して最低限でも30万円くらいはかかると思います。

まずはこのハードルをどう考えるか?

それは価値ある投資であると思ってほしいと考えています。

実はトライアスロンはマラソンよりも簡単だった

Σ(・□・;)??

そう思う方は多いと思います。スイム・バイク・ランを1日でやるなんて正気の沙汰ではないと考える方もいると思います。

でも初参加された方が口をそろえて言うことはこうです・・・

「意外と楽だった」「楽しかった」です。

特にフルマラソン経験者にはカルチャーショックです。フルマラソン初心者が完走を目指して42km動き続けて6時間だったとします。たぶんゴールしたら足と心はゾンビ状態です。高い達成感の中で、体が辛い痛いという感覚に強く襲われると思います。

トライアスロンはどうなのか?

スイムは1500mです。初心者の方なら50分~60分が目安になると思います。え!絶対無理!泳げないし!でもダイジョブ。なぜならウエットスーツで浮けるし意外と楽しいことに気が付きます。最悪疲れたら砂浜に上がって足がつくところで休めばいいし、ブイにつかまったりして休めばいいのです。

自転車は40km。人生でたぶん漕いだことない距離ですが、ロードバイクという自転車がいかに速くてすごいのかを痛感し、その爽快感に気持ちよさを感じると思います。初心者でも90分以内には完走できると思います。

ランは10km。最後にこんな体力ないよ・・・。大丈夫歩けばいいです!90分もあれば完走できます!

合計してみると…4時間+αでゴールができる。フルマラソンよりも稼働時間が2時間少ない!しかも、体のいろんな部位を使うので、マラソンと違って局部疲労が少なく、終わった瞬間から遊べます!

どうですか?なんだ意外とやれそうだ。そう思いませんか?

それでもダメ?!実は、言いたくないのですが、ホノトラはこの距離の半分でスプリントという部門もあります。そちらなら2時間~3時間あれば確実に完走できます。今回もろくに練習時間が取れずに不安のままスタートした方が笑顔で帰ってきましたよ。その方はウエット来たら海をあんなに簡単に泳げると知らなかったからまた泳ぎたいと話してました。でもそのはずなんです

  • 人生で海を泳いだことがない
  • 人生で座高の高いスポーツバイクで走ったことない
  • 人生で目標を持ってゴールをめがけて走ったことがない

そんなないない尽くしからわずか一日で経験をするわけですから、自分の可能性と人生観の広がりに驚いたと思います。そしてまた、チャレンジしてみたい。そう願ったと思うのです。

来年もそんな皆さんの想いを叶えるトレーナーとして同行できればと思っています。

どんな感じだったの!?

スタート前日の雰囲気を動画にしてみました

KANATAコーチゴールシーンはコチラ https://vimeo.com/167098458/4ecf56060d

みなさんいかがでしたか?トライアスロンっていいでしょ!?

来年もツアー開催しますのでぜひよろしくお願いします!

=KANATA=