2016プーケットマラソンを調べてみた

プーケットマラソン関連記事はコチラ

  1. プーケットマラソンに出てみることにした
  2. 2016プーケットマラソンを調べてみた
  3. プーケットマラソンのコース条件を調べてみた
  4. プーケットマラソン参戦記① ~出発前~
  5. プーケットマラソン参戦記② ~準備したこと~
  6. プーケットマラソン参戦記③ ~レース前~
  7. プーケットマラソン参戦記④ ~本番~
  8. プーケットを遊んでみた

2016プーケットマラソンを調べてみました。

プーケットはタイのいわゆる「リゾート地」です。

プーケット

タイの南方で海に面した場所です(矢印の場所)

今回のマラソン開催会場はラグーナという場所です。

どんな手順で手配を進めるといいの?

  1. スケジュールに合わせた「フライト」を確保
  2. プーケットといっても広いので注意しながらラグーナ地域の「ホテル」を確保
  3. オフィシャルHPからスポーツエントリーにとぶようになってます。日本語エントリーなんで気軽ですよ!

まあ、ぶっちゃけ面倒ならオフィシャルツアーで行けば解決しますけどね

東京→プーケットまでどうやって行くのか?

僕はANA派なんでスターアライアンスです。幸い溜まったマイルで無料渡航ができました。

使ったマイルは38000+サーチャージ5100円

利用する航空はタイ国際航空運送です

クリックすると新しいウィンドウで開きます

満足度はクチコミで結構高い評価を得ています。フライトは約8時間あるので機内のクオリティーはそれなりに大事です。まあ、エコノミーなんですけどね。

今回は6月3日(金)に出発して、バンコクを経由してプーケットに当日の18時ごろに到着します。

帰りはプーケットマラソン翌日をしっかり遊べるように時間を多めに確保しておきました。

プーケット空港からラグーナはどう行くの?

調べたら現段階ではタクシーで30分ほどだそうです。

空港の到着ロビーを出たところにタクシー乗り場があるそうです。

[参考にしたサイトはコチラ]

カウンターでリムジンタクシーを手配して移動するればいいそうです。白タク?個人タクシーとかの勧誘がしつこいそうです。

協定で基本的には料金は定額だそうで、きちんとした乗り方をすればぼられることはないそうです。

今回参考にしたホテル情報は?

ホテルや海外旅行の手配で使えるサイトはエクスペディアを使いました。

実はエービーロードを先に確認したんですが・・・「全然掲載ありませんでした・・・。」

ツアー会社が斡旋したのかな?とちょっとピンチだなと思ってたんですが、改めてエクスペディアで調べたら普通にあった上に、タイムサービス中で20%OFFでした。

とはいえ、たぶん一番安いホテル抑えたんですがそれでも1泊1万円はしました。。。

取得したホテルは「アンサナ ラグーナ プーケット(Angsana Laguna Phuket)

たぶん、もう今の段階ではツアーでもない限り取得は困難だとおもいます。

じゃあほかのホテル!と思って探すと1.5倍は最低でもします。つらいっす。

このホテルはどうやら大会のオフィシャルにもなっているという情報を見つけたんでここにしたというのもあります。でも、そんなのが大会HPに全くないんだけど・・・。

あと、ホテルズドットコムはいいですね!前のベトナムでもお世話になりましたが、海外のホテル事情を網羅してくれて助かります。エクスペディアと違って「ローカル情報」がすごく多い気がします。

実際、もっと安いのないかな~っていうのを探したんですがホテルズドットコムの方が探しやすいし情報多かった気がします。安いのたくさんありました。。。orz

エントリーはどこから?

まずはオフィシャルHPをチェックしてみてください。

日本語で書いてあるので特に心配ないです。

まあ、結局スポーツエントリーに飛ばされるんですけどね。ベトナムとかほかの海外もそうでしたが、英語と葛藤しないといけないことを考えれば負担がかなり少なかったです。

ちなみにフルマラソンは11000円でした。

そんな余裕がなさそうだと思いましたが、前夜祭に参加してみることにしました~


これでエントリーのすべてが完了しました!

あとは当日までしっかり練習を積んで楽しく走れる状態を整えるだけです!

【本大会参加を応援するサプライヤーさまのご紹介】

ソウルフードバンコク様

タイ料理レストランです!池尻大橋に一号店を構え、自宅からもスタジオからも激近でお世話になってます。他にも新大久保、代々木、溜池山王にもある「タイっぽい」内装と明るくて気さくな店員さんとすごいうまいタイ料理を出してくれる最高の店です!

 

フィアロ・コーポレーション様

国内大手自動車メーカーのモデルカーデザイン設計を行う会社です。今回はウェアデザインを手がけて頂くことになりました。

次回「コース条件を調べてみた」

=KANATA=