2017東京マラソンの伴走をしてきた

東京マラソンの伴走を仰せつかって3年目。今年もS氏の伴走で完走をサポートさせて頂きました。

新しいコースになってスタートこそ変化を感じませんが、以前はトップ集団を見ることなく終わっていたレースも先頭集団を確認できて、ランナーの皆さんが興奮していたのがよくわかりました。

まあ、しかしキレイに黒人選手のみで前が固められていましたが、空前絶後のスピード感。とてもマラソンを走っているようには感じないほど軽快な走りにまじかでみて度肝を抜かれます。

その後にくる日本人選手は設楽選手。おそらく精一杯外国人選手を見据えて走ったけどという感じで、苦しいながらも遠く前の選手を追っているのがよくわかった。今回のレースは井上選手も含めて若手が日本人選手でも前を走っていたので今後の成長と結果に期待の持てる内容でしたが、世界レベルとの差を象徴づける結果にもなっていると感じざる得なかったです。頑張ってほしいな。

クライアントは準備の段階で走行距離の絶対数が少なかったので後半に課題がでると思っていましたが、30km超えたあたりでペースが怪しくなり、終盤は7分40秒~50秒で刻むのがやっとまで落ちていましたが、毎回すごいなと思うので絶対に歩かないのです。

僕ですら歩いたほうが楽だなと感じてしまうほどなのに絶対に歩かないのです。

毎回、ペースや結果はともかく、その歩かない走りきる姿勢と完走への意欲はすごいなと感心しますし、マラソンに参加し続けるのもハーフや10kmでは得れないやった感が好きだとおっしゃっていましたが、中途半端ではいけないというビジネス的なマインドも入っているんでしょうね。ともかくお疲れ様でした。

門前仲町に向かっていく道のりの人の多さに圧倒圧巻。本当にすごかった。

以前のコースよりも直線状に人が確認できる立地で、すごいマラソン走ってるんだなと実感します。そして遠藤の応援もすごいし、エイドの充実も半端ないです。

贅沢だな~と思いながら僕もアンパン食べながら走って楽しんでいたんですが、意外と門前仲町までのアップダウンは頑張っているとしんどいし、レース終盤で折り返しがあるのはきついです。結果を出すにはやはり平坦だけでは賄えない強さも必要だなと感じました。

そしてこんなに自分の頑張りを多数の方にみてもらえるならなんかガチで参加してみたいなとも感じるところもありますが、来年も引き続き伴走ゆえ、当分は正式な形で東京マラソンに携わることはないでしょう。

ゴール後の導線や対応が正直イマイチに感じましたが、ゴール直前のマルノウチと人だかりを抜けていく高揚感は半端ないでしょうね!これは熱が入ると思います!また来年が楽しみです^^

=KANATA=