20171107火曜ランニングパフォーマンスレッスン

毎週火曜日は織田フィールドで練習会やってます!

ということで、今週開催した内容をご紹介です。
今日は10000mビルドアップを実施。この冬に向かっていく時期は基本練習はビルドアップです。

1周4秒、1kmで10秒の変化をつけるわけですがこの微妙な変化をコントロールできないと上げすぎたりして、グループがバラけることもあるのですが、集団で走っている時ってやっぱり基本は楽なので集団形成を少しので変化で崩されないように集団の変化についていけない限りは基本はちょっと辛くてもついたほうがいいです。そのへんはメンタルですが、そこで離れるとリズムがとれなくなり、集団の力を失うので失速する可能性が出てきます。

あと、変化つけるのにも理由があり、距離でかかる負荷をスピードに置き換えています。

というか、大体距離でかける負荷にみんな慣れすぎてスピード負荷にカラダとココロが付いていかないことが多い気がします。だから大事なことはある程度の疾走スピードでも耐えれる精神力と粘りをだすというのが目的にあるので、終盤の一番苦しい時にリズムが落ちたり、我慢しきれないのではなく、そこを我慢して結果に結びつけて欲しいのです。

ペーランになれちゃうとペース変化やちょっと速いペースに妥協しますからね。

ペースは経験があったほうが測る物差しがある感じで出来るかどうか判断する材料になるし取り組んで損はないと思います。

そのあとに200m3本を実施。大体出し切ったビルドアップのあとにやりたいことではないですが、ミドル練習になれると頑張ってスピードを出す感覚や綺麗に速く動かすことができないので下記の修繕ですね。

  • 速い動きで無理のない距離を走ることでランニングエコノミー(無駄のないフォーム)を再認識
  • スピードにおける反射反応の育成維持

微妙に惰性でいけない距離でこうした改善を取り組むと思いのほか競技結果に反映されます。慣れてきたらできるだけ目的を失わないようにしっかりとしたスピードでインターバルを行うのが理想です。

【定期練習会の情報はこちら ※HOME画面から確認してください】

【練習会実施などの報告はfacebookページをご確認ください】

みなさんのご参加お待ちしております!