2017バンコクマラソン参戦記②「ドンムアン空港からエキスポへ」

今回バンコクマラソンに参戦するにあたり・・・

というか、勝負する海外レース全般ですがあんまり気持ちにゆとりがないのです。なので、早く入ったところでやることもないし、やりたいこともできないのです。

だから、入るのは直前でいいんじゃないかということですね。

実際にクチン国際マラソンの時に早く入りすぎてやることなくて退屈だったこともあって、今回は直前に入ろう!と思い立ったこともあり、前日入りにしたんです。ベストはレース前日の朝に到着する深夜便で移動がベストです。
しかし、スクートで飛び立つことが確定した段階でその選択肢はなく、現地時間14時55分着予定のフライトしかなかったのです。

ここの段階で考慮していないことがいくつかあったのですが箇条書きで書くとですね。

  • LCC特有のリスク考慮がない
  • 気温適応を行うための時間が全くない
  • アジアの交通事情を考えなさすぎ

これらがあげられます。

■LCC特有のリスク考慮とは?

無事についた上に30分も早く着いたのでむしろよかったんですが、LCCではたまによくあるのが時間が遅れたずれたです。その上フライトしないとかも状況によっては起きるそうでその保証が課金でなされているところもあるのです。つまり、飛ばないかもしれないからその時は保証するからお金頂戴というやつです。

LCCに時間をゆだね過ぎていた自分でしたが、リスクは航空会社が認識して対策するくらいだから他のラインと比べてそのリスクは多くあるということです。注意しましょう。

■気温適応を行う時間がない

現地到着時の気温はフライト中に報告されましたが、なんと34度です。驚異的ですがこれは当たり前なんですよね。まあやや暑いとは思いますが。これに加えて湿気です。

このダブルパンチだけで結構つらいのに、日本は10度~15度です。。。これではどんなに天気のいい日に練習してもタイの暑さを体感できないし、加えて湿度はなくなり乾いてくるため対極に位置する気候なのです。

おかげで現地についてフライト中のえんや騒ぎで目が覚めて寝きれてないことや、適応が遅れたり移動疲れでやや頭痛が。。。

本来ならやや早めに入り、少し体を慣らすように走って準備したいところなんですがその時間はとっているわけにはいりません。どうなるかわかりませんが可能な限り疲れを持ち越さない過ごし方をするしかないです。

■アジアの交通事情を考えてない

アジアの大半の国が鉄道など道路状況に左右されない公共交通機関が不便です。というか、日本の一部地域がすごすぎて逆に外国人にはわかりにくいそうですが、アジアは行きたいところに駅がないなんてたくさんあるし、そもそもないところなんてざらです。

そうなると「タクシー」か「バス」が主な選択肢で、タイの伝統的な移動手段で「トゥクトゥク」と「バイク」があります。

「バンコク タクシー」の画像検索結果

※乗車時にメーターが動いてないと到着した時にぼられますよ!事前交渉大事。

「バンコク トゥクトゥク」の画像検索結果

※今回乗らなかったけどこれはタクシーより高いそうです

つまり、自動車渋滞が絶対に起きます!

だからあんまり事前情報宛にしないでゆとりもって行動しないと大変なことになりますよ。

■ドンムアン空港はアクセス不便

LCCでなければスワンナプームなのですが、鉄道がしっかりしているので交通手段の確保が楽ですぐに市街地に行けますが、ドンムアンは基本的にもっとも手軽なのが「バス」「タクシー」みたいです。

詳しく書かれたブログを発見したのでこちらを参照

■マッカサンへ行くぞ

EXPO会場はマッカサンという駅構内で行われています。

「バンコク 鉄道」の画像検索結果

※真ん中くらいのオレンジ枠にあります

見ての通り、スワンナプーム国際空港からは直行で行けるのでEXPO会場がすごく便利に見えますが、ドンムアンはそうは行きませんでした。

①タクシーを確保するのに45分かかる

長蛇の列でタクシーの番がなかなかこない。移動手段としては比較的安いし目的地までダイレクトで言ってくれるイメージがあるので多くの方が利用しようとしていました。

②でも結局ダイレクトにいけない

マッカサン駅に行ってくれと頼んだのになんと、渋滞でめちゃくちゃ時間がかかった上に、2駅前のパヤタイに下ろされる。現地のタイ人に英語で話しても100%理解していないし、タイ語でコミュニケーションは不可能です。どうも、エアポートラインあるからあれで自分で行けと笑顔で言われる。

③エアポートラインで20バーツでマッカサンへ移動する

どこに行くかわかっていれば購入~移動までそれほどわからないということもなかったです。

「バンコク 鉄道 チップ」の画像検索結果

まあ割となか綺麗だし、すぐ来たのもあってそれほどストレスにはなりませんでした。

マッカサン駅に到着しEXPO会場へ無事に到着しました!

この時点で17時を回ろうとしている。。。18時に寝る計画を諦めた。

~~大会参加応援スポンサー様~~

■株式会社コーウェル様
http://www.cowell.co.jp
この度はタイ営業所開設おめでとうございます!

■FISソリューションズ様
http://www.fis-s.co.jp

■ゴーゴーカレー様
http://www.gogocurry.com

~~リンク~~

ランたなちゃんねる登録お願いします!
https://www.youtube.com/channel/UCM4TpjdXH67Wz1OxWf7Co-g

KULIA facebookページ(いいねお願いします!)
https://web.facebook.com/ackulia/

~~2017バンコクマラソン関連記事一覧~~

2017バンコクマラソン参戦記①「LCCにはご用心」
2017バンコクマラソン参戦記②「ドンムアン空港からエキスポへ」
2017バンコクマラソン参戦記③「ホテルに向かうまで」
2017バンコクマラソン参戦記④「いざ会場へ」
2017バンコクマラソン参戦記⑤「呼吸筋をコントロールする」
2017バンコクマラソン参戦記⑥「なにを考えているか説明しよう」
2017バンコクマラソン参戦記⑦「駆ける想い」
2017バンコクマラソン参戦記⑧「まさかの1位」
2017バンコクマラソン観光記「煩悩を捨てて帰る」

タイ繋がり:2016プーケットマラソン関連記事はコチラ

  1. プーケットマラソンに出てみることにした
  2. 2016プーケットマラソンを調べてみた
  3. プーケットマラソンのコース条件を調べてみた
  4. プーケットマラソン参戦記① ~出発前~
  5. プーケットマラソン参戦記② ~準備したこと~
  6. プーケットマラソン参戦記③ ~レース前~
  7. プーケットマラソン参戦記④ ~本番~
  8. プーケットを遊んでみた

=たなー=