2017バンコクマラソン観光記「煩悩を捨てて帰る」

ホテルの朝ごはんを食べたんですが、朝ごはんまともに食べれたのはこの数日で初めて。

本当は割と洋食派だったりするので、朝の自由バイキングという時間が非常に楽しみなんですよね。だから、出来れば朝食はそこそこのホテルでブッフェ形式で食事を自由に行うことが本当に幸せ~。

コーヒーも飲み放題~♫

まあ、ホテルのグレード自体はそれほどいいところではないのですごく美味しいわけではないんですが、こうした朝食だけはいいホテルに今度から行こうと誓ったわけです。

今日は寺院を回ろう!ということで煩悩退散!

チャオプラヤ川という大きな川があるのですがそこを中心にボートが出ていてそれで移動するのが主な交通手段の一つになっています。

結構なボートがたくさん動いていたので事故起きないか心配になるレベルでしたよ。

この川はそれほど臭いとか汚いとか思うような環境ではなく、発展を遂げていく川周辺の建物が多く見れるし、タイならでは!って感じの建物や建造物も多く見れるので、どこによるわけでもなくてもこのボートには一度乗ってみたほうがいいです。

ちなみに大きなボート乗り場経由するやつは1回50バーツ、1日乗車で180バーツでした。

目指した場所はワット・アルーン

>>>ワット・アルーンについて

無駄に1.5倍くらい段差が高い階段を上ったりできるんですが、造形物がやっぱりタイっぽいというか、なんか神秘的。やっとタイっぽいことが出来てなんだかうれしい!

でも気がついたのがレース終えて一日しか経ってないのにカラダ全然疲れてないんですよね。
いや、ちょっと筋肉の疲れがあるなとは思うけど、筋肉痛はないし、普通に動ける。

マラソン出しきれなかったと後悔する瞬間です。

西洋ではこうした神仏的なものが触れ難いものなので外から眺めるしかできないんですけど、すんごい身近でアットホームな寺院です。別に触ったらだめとかそんな露骨に書いてないし、みんな結構立ち入り禁止意外は好き勝手してる感じで楽しんでいましたよ。

ここから、対岸にある寺院でワット・ポーにも行きました。

>>>ワット・ポーについて

僕の中でここにある寝大仏はこれです。

「サガット ステージ」の画像検索結果

こんな感じでむき出しなのか?とおもったら。建物内で封印されてました。

ワット・ポーは広いし見ごたえありますよ!
あと併設されている小学校があって授業中でした。観光客がいるとなりで普通に授業を受ける。

日本の防犯体制から考えたらありえないでしょうが、寺院に寄付されるお金で賄われているんでしょうね。

そして、帰りにはスコールです。。。

まさかのビショビショ。余計に疲れた顔になるからやめてほしいですw

時間は2時をすぎてある問題が発生しました。。。

銀行が15時30分までしか空いていない!!

なんでこんな事件があるかというと、昨日問題になった賞金問題。実は、この日の朝に荷造りしていたら、小切手がはらり。。。

英語やタイ語に疎いぼくが見てもわかる特定の銀行で換金する小切手です!!

ちなみに銀行名はTMBというタイ軍人銀行?です。ATMはありふれていますが銀行本店はバンコク内に3つしかない。換金できる場所はそこしかなく、15時30分まで!!
意外と時間がない!?急いで戻ることになりました。

最寄りのボート乗り場について時間は15時10分。まず!あと20分!!

タイの緩さできちんと時間通りまで仕事してくれるかわかんないので目標は20分までに到着!と言うつもりで、ボート降りて猛ダッシュしたんですが、全くみつからない!!!

そりゃ見つからないです。

Google mapに書かれた地図の場所は完全に学校でした。。。完全に不法侵入しました。

星印された場所の2階にあったんですが、近くにいる方に何度も聞いたのにだれもしらないというから本当に苦労しました。

15時24分に銀行に入り、小切手を見せて確認チェックを済ませて、無事に換金ができました!

この日の夜に帰国だったので、身分証明できて本人換金が絶対だと思われるのでこのタイミングでしないと絶対に無理でした!本当によかったです。。。

夜は、コーウェルのタイ・ベトナム新会社設立のパーティーに参加させて頂きました!

画像に含まれている可能性があるもの:1人、スマイル、立ってる

帰国が迫っていて途中で帰りましたが、ますますのご発展をお祈りいたします!

さて、帰国はドンムアン空港までタクシー。400バーツ。

時間がないので細かい交渉はしませんでしたが、メーターだと200でいけるはずです。

でも時間がないと思ったのは渋滞を考慮したんですが、ちょっと意味不明に泊まったタイミングがありましたが、割とすんなりと行きました。

で現地について早速カウンターの様子を見たらこのざまです。

ちなみに3時間前です。並び過ぎ!!!

でも大丈夫。優先搭乗という枠が480円で購入できるのを確認していたので試しに買っていたんです。そうしたら、まーったく並ばないでエントリー出来て、100人以上の行列をぶち抜いて2時間30分前にエントランス到着。逆にやることがなくなってしまった。

免税店でお土産を選んでいたんですが、バカみたいに高いです。

免税店でお土産選ぶのはやめたほうがいいです。日本でも500円くらいでしか売らなそうなチョコが800円ですからね。タイが安いというのはあくまで現地であり、空港ではないということですね。皆様お気をつけくださいね。

そして0時30分。日本に向けて帰りましたとさ。

これでバンコクマラソンのお話は以上です!長い記事に目を通して頂きありがとうございました!

~~大会参加応援スポンサー様~~

■株式会社コーウェル様
http://www.cowell.co.jp
この度はタイ営業所開設おめでとうございます!

■FISソリューションズ様
http://www.fis-s.co.jp

■ゴーゴーカレー様
http://www.gogocurry.com

~~リンク~~

ランたなちゃんねる登録お願いします!
https://www.youtube.com/channel/UCM4TpjdXH67Wz1OxWf7Co-g

KULIA facebookページ(いいねお願いします!)
https://web.facebook.com/ackulia/

~~2017バンコクマラソン関連記事一覧~~

2017バンコクマラソン参戦記①「LCCにはご用心」
2017バンコクマラソン参戦記②「ドンムアン空港からエキスポへ」
2017バンコクマラソン参戦記③「ホテルに向かうまで」
2017バンコクマラソン参戦記④「いざ会場へ」
2017バンコクマラソン参戦記⑤「呼吸筋をコントロールする」
2017バンコクマラソン参戦記⑥「なにを考えているか説明しよう」
2017バンコクマラソン参戦記⑦「駆ける想い」
2017バンコクマラソン参戦記⑧「まさかの1位」
2017バンコクマラソン観光記「煩悩を捨てて帰る」

タイ繋がり:2016プーケットマラソン関連記事はコチラ

  1. プーケットマラソンに出てみることにした
  2. 2016プーケットマラソンを調べてみた
  3. プーケットマラソンのコース条件を調べてみた
  4. プーケットマラソン参戦記① ~出発前~
  5. プーケットマラソン参戦記② ~準備したこと~
  6. プーケットマラソン参戦記③ ~レース前~
  7. プーケットマラソン参戦記④ ~本番~
  8. プーケットを遊んでみた