2017千葉マリンマラソン参戦記

KANATAです★

昨日の1月22日に千葉マリンマラソンに参加してきました!

私ですが、まだ昨年の10月から引きずっている足の症状が万全ではなかった関係で登録はしていましたが、走ることはないと決めて朝の7時から現地でご座敷をしていたでござる。


毎年恒例ご座敷なんですが関係者各位がここに集合してくれるのでもうやめれないんですね笑

今回の千葉マリンは本当に千葉マリンらしからなぬ「無風」

毎年爆風で折り返してから地獄のような時間を過ごすためにきているのにバルーンが全然なびいてなかったです。みんな助かったとか言ってましたが、ただ「言い訳ができなくなっただけ」という本質に気が付いていませんでした笑

私ですが、当初予定になかったのですがアフターの罪悪感を抱えるくらいなら20kmジョグするくらいの気持ちで走ろうと決めて、60分前にスタートすることを決めて準備開始。でも準備が遅すぎて、トイレでハマってしまい、スタートラインに立つまでろくなアップをしないままでした。まあ、普段からノーアップランで練習しているので対して問題ではないんですけどね。

※マネしないでください。僕は割とノーアップランで最初からイメージの9割くらいで走れるように訓練してます。

スタートラインに立ったんですが、まあ軽くペース走できればとか知人と話していたんですが、やっぱり僕なんですが号砲なったらそんなこと言ってましたか?と言わんばかりにカラダを動かしてしまいまして、思ったよりも前でレースを進めることになり後に引けなくなりました。

【0~5kmLAP】3:17-3:21-3:16-3:19-3:22
○5km16:35通過

スターティングは前方のつまりで多少遅れがでたのですが、間を縫って流れに乗れました。今年から公認ハーフのスタート時間と一般が一緒になりました。公認だからって実はそんなに速い人だけじゃないんですよね。東京マラソンなんて言い事例ですが、「サブ5」でも公認だから前という時期がありました。これ容認しちゃうと、何が問題かって

  1. スタートラインを出発の遅延になる
  2. 単純に危険

1ですが、私の前にいる方が「km4分でいければまあいいよね」なんて話していたんですが、それでも私がその後ろにいると初動のスピードですら45秒/kmの差があり、100mで換算しても4秒も違うんですよ?それがサブ5になったらその差実に3分30秒/km=100mで33秒差ですよ!?

走力レベルに合わせてスタートライン決めないと単純に前が詰まって遅れの原因になるし、押し合って危険で危ない。

今回この決定には大会側の配慮と受け取り、良い対応だったと思っています。

けど、この大会が何度行っても学習しないのが「トイレを増やせない」ことです。何年か前に改善したことが瞬間的にあったんですが翌年にはそのトイレなくなるし、雨が降ってスタジアム内が大混雑&トイレ待ちでひどいことになったりととにかく問題を問題にしないところがあります。まあ、運営する側も大変なんだと思います。この大会、日本でも随一のハーフマラソン参加者数を誇るので。

でもトイレくらいなんとかしてほしいですね。

2km~5kmまでは特に大きな動きはないのですが、僕も自分のペース感で無理のないポジションで走るとどうしても孤立してしまい、グループの流れに乗せれないままでした。「あそこにいきたいな~」と願いながら走っていましたが、どうもそこまでリズムも上がらないし、仕方ないので貯めることに。

【5-10km LAP】3:15-3:19-3:24-3:19-3:26
○10km16:43 トータル33:18

ここからは勢いで走っていたグループの流れが止まるタイミング。逆に前に出ていくことができて、一人でリズムを作って集団を2~3個抜いていきました。出来れば「がんばれゆうすけ」くんがいる集団までの約30~40mを詰めてしまいたかったんですがどうも届かないので後半に温存するために、後ろから追いかけてきた選手にペースを委ねて後ろで貯めることに。あとは公園内はこばんざめ戦法なんで15kmまで離さず我慢することを大事にする感じで行こうと思いまして、たまたま来た平塚潤先生にくっついて走ろう!

そう決めていた矢先だったんですが、どうも調子の悪い左足のストレスが増してきたので大事をとってペースを減速。11km~16kmまでは3分40秒前後のジョギング状態でした。

まあまだゆとりがあったし、リズムがそのまま載せれればまだまだ我慢できましたが、仕方がないですね。怪我できないっす。いい練習になったと思ってあきらめることにしました。故障明けでろくに走ってない中では上出来です。

【反省】

  • 一人で走る感覚は悪くないんだけど、「根本的なスピード感・キレ」が足りない
  • 左の使い方が雑だった。というか、怪我の原因を追究するとこのバランスの悪さがやはり原因になっている気がする

【課題】

  • インターバル練習でスピード感を出す
  • 左のもともと悪いバランスをより強化して修正する必要がある

皆さんもそれぞれの課題があったと思うんですが、こんなに天候に恵まれた環境でやっぱりやってほしいのは「自分にチャレンジできたか?」です。結局、疲れた辛い苦しいという感情の優先よりもどう戦うかどう我慢するか。そこを大事にして自分に負けずに妥協なく走りきってほしいです。

次回レース結果期待していますよ!

=KANATA=