2017クチン国際マラソンの旅行手配をしてみた

クチン国際マラソンの旅行手配をしました☆

前回記事はコチラです

クチン国際マラソンすでにエントリーが開始

たぶん全世界で最も早くエントリーした私が言うのだから間違いないw

ちなみにエントリーは500人限定のエントリーはすでに完売したようで、ノーマルエントリーに移行中。マレーシアでも屈指の人気レースは確かに順調にエントリーを伸ばしております。

日本のマラソンはあんまり早期割引とかないのですが、海外のマラソンは早めの決断が基本的にお得です。

ちなみに参加費は120RM(リンギット)である。1リンギットは25円ほどで約3000円で参加が可能なお得なマラソン大会です。現在確認中ですが、フルマラソンは全力で走るとして、10kmのスタート時間が遅いのを利用して2本走るという強行に出ようと大会本部に現在問合せ中である。

さて、この大会の特徴は過去類を見ないほど出走時間が早いことだ!

なんとAM1時である。私のオーソドックスなコンディショニングスケジュールを下記に掲載。

13day/AM1:00 フルマラソンスタート とにかく頑張る
12day/PM9:00 起床後1時間後食事 炭水化物パックご飯をほおばる
12day/PM3:00 おそくとも就寝 寝れるか心配
12day/PM0:00 夜食?昼食?
12day/AM7:00 昼食?
12day/AM2:00 朝食?
12day/AM1:00 起床 大会当日のバランスに馴染ませるために早めに起きる
11day/PM6:00 就寝 翌日のために早寝
11day/AM11:30 クチン到着 着いたらホテルへ

なんだこれ。。。いつものスタンスだと急に生活リズム変えるから辛すぎです。

これは逆転の発想をしなければ。夜更かし野郎に移行するほうが楽じゃないかと思ってきた。レース前日は昼まで寝るというグータラモードで前日は夜更かしして遊んでみるのはどうだろうか?というか、遊べるんだろうか?w

真面目にレーススケジュール考えるとどう考えても睡眠時間のコントロールが難しいので夜更かしタイプになって対応しようと思っています。

それに合わせてフライトも夜更かし野郎に変貌しないといけません。で、今回とったフライトはコチラです。

10日夜に出る感じですね。10日から徐々に調整かけるために10日は出来れば朝会に出たくない。。。

※私、毎週木曜日は朝の交流会に出てるので5時起きなのだ!

10日は昼過ぎまで寝て、フライト中は少なくとも3時まで寝ないマラソンを頑張って、クアラルンプールのラウンジで寝たりして過ごして、現地までのフライトも寝て、ホテルでようやく目が冴えるという作戦ですね。

13時から観光を兼ねて現地でランニングを行って、環境確認を行います。それから少なくともレースが終わるAM4時くらいまでは起床してそれから寝てPM0時までは就寝。途中で仮眠を入れながら睡眠コンディショニングをしてレース時間を迎えます。

レース以上にこちらの戦いのほうが辛いかもしれない。

AM1時から開始したレースは問題なければ3時40分までにはゴールできるので、5時スタートの10kmの間に合う作戦だ!たぶん2時間もあればそれなりのコンディションまで戻るだろうから、もし行けそうなら全力で走ってみるのも悪くないかもしれない!

7時までには全部の行程が終わってそれから仮眠したら10時くらいからやっと遊べる感じです。

ほんと、この日程は大会のためにしか組んでないです。寝ないで遊ばないと遊べないです。強制的に一個くらいはオプション入れて楽しんでみたいと思います!たとえ一人でも!

=KANATA=