2017パタヤ国際マラソンに参加してみることにした

「パタヤいきませんか?」

連絡がきたのはつい先日。年間のレース計画をどうしようかと悩んでいたところです。

年末貯金がないので5月以降からエンジンが入るように中期的に計画を立てて7月以降でマラソンが戦えるようにしようという計画でレースを構築していたんですが。6月も7月も正直どちらも計画なかったんです。

悩んでいるところにタイ・プーケット専門旅行会社A&Aの熊谷さんから連絡があったのだ。

熊谷さんは昨年のプーケット国際マラソンで私が単独旅行でプーケットマラソンにチャレンジした時に優勝というキャッチなワードを作れたこともあり、いろいろ現地でもお世話になった方です。

熊谷さんに昨年パタヤでも行こうかな~と話を確かにしていたのですが、その後特に熊谷さんからもアクションがないし、同じ国に二回も行くのはもったいないかな~という気持ちが先行して「クチン国際マラソン」を優先した次第です。

タイのちょっとディープな感じな街になるとゴーゴーバーとかちょっとグレーな世界も垣間見れるエキゾチックな大人の街があり、そこは非常にタイっぽい。

プーケットは実は「タイっぽくない」のだ。ラグーナという区画は西洋人が作ったエレガントなリゾート地できれいすぎてなんかローカル感覚がなく、白人ばかり見かける。敷地内で食べるパッタイは1000円近くするのにほんの少し外にでたらなんと240円くらいまで値下がりする。

それくらい区画差があり、安くてうまくて楽しい!なんてタイに抱く感覚を味わうことは本当にないでございます。

詳しく知りたい方はプーケット国際マラソンの記事をご覧ください。

だから、プーケットで過ごした時間は残念だがプーケットぽくないのだ!というか基本一人旅だったから寂しいし、楽しさはやはり感じる前に帰国したことに多少の未練を感じていたのだ!

特に最後の夜に少しだけ立ち寄ったタイローカルの夜景はどうも刺激的でもっとアクティブなパーティー組まないと遊ぶには危険な香りがしたので深入りできずヤキモキしたものです。

ちなみにタイのパタヤは「Pattaya」と書きます。

【パタヤの平均気温などなど】

パタヤ気温

スタート時間を考えればLOW TEMPだとして27度くらいですね。まあ、暑いですね。

でも。。。パタヤのいいところはプーケットほど湿度がないっぽい!昨年の高温多湿で戦ったプーケットの戦場よりも環境がよいのであれば十分に戦える要素があります。

時期はまだ確定していないようですが、タイ3大マラソンの一つであるパタヤをクリアすればこれで2大マラソン制覇になります。最後の砦は「バンコクマラソン」になりますね。

取り組んでみますか。

=KANATA=