2/11KULIAサブ5対策3時間ペースランニング

本日は代々木公園にてサブ5対策3時間ペースランニングを開催しました!

こんな感じで充実エイドで25名の参加者をサポートさせて頂きました☆

まずは靴紐結び方レクチャー。岡山マラソンの時に4時間30分~5時間30分のランナーの靴紐結びのひどさに絶句したのを思い出し。足関節の安定性を確保して膝を守ったり、接地時に前に詰まって爪をやっちゃうのや足底の摩擦を軽減する唯一の方法がでたらめなんです。これでは別の痛みで走れなくなってしまう。

待っているときの足裏関節ほぐしを伝授。関節に刺激をいれると滑りがよくなるし、血液循環がよくなることで筋肉が弛緩し、この寒い冬ので足が固まり、足首からの骨とか筋肉のストレスを軽減します。

ランニングに活かせる歩き方を確認。サブ5くらいになると正直歩く時もあると思うんですが、股関節膝関節の活用を適切に行えばすぐに走れるし楽に歩ける。リスクも排除できて機能的な走りにつなげることができます。

体幹を意識したランニングの際に必要な「多裂筋」の活用を触ってチェック。姿勢が悪いと走っても多裂筋が働かないので上半身のストレスを腰や前腿で受け止めて痛みや無駄につながります。

最後に呼吸筋の活動を高めるために胸部のストレッチ。みんなで仲良く実施☆

給水してエネルギーチャージしていざ出発です!

途中で腰が痛いという方が(>_<)

走っているときに腰に力が入りすぎるポジションで走る方が結構います。

反り越し、骨盤前傾などで腰筋肉を圧迫したまま踏み込むんだからそれは腰が痛いです。腹圧を高めて腹筋で軸を支えて腰の力を抜きます。写真は臀部のストレッチをしていますが、臀部の張りが腰の痛み繋がることもあります。いろいろストレッチをしながら角度を確認したら、大腰筋の硬さと臀部の硬さを確認できたので両方のストレッチしました。

これは腰の筋肉を中心とした首からつながる背部の柔軟性を出すためにリラックスしています。私より参加者の方の首の位置が下がっていないのがわかります。首が緊張しているし、背骨がきちんと開いてないですね。背中の筋肉も固まっている証拠ですね。だから力を抜くことも一苦労。

ここからリラックスをしっかりするのにすんごく時間がかかりました。

皆さんお疲れ様でした!ほとんどの方が3時間しっかり走れました!

youtubeリンクURLはコチラをクリック

皆さん今回のイベントはいかがでしたか?ご参加頂いた皆様には本当にありがとうございました!

また開催の機会を作れるようにしたいと思いますので、なにかご意見ご感想などあればぜひご連絡ください。

今後ともよろしくお願いします

=KANATA=