KANATA
Arrow
Arrow
Slider
KULIA代表 / ランニングコーチ / パーソナルトレーナー
陸上競技歴27年目 / 指導歴8年 / 全国高校駅伝出場経験 / 箱根駅伝エントリーメンバー入り
【企業・メーカーなどの講師実績など】
Wacoal CW-Xランニング・フィットネスイベント講師
富山太陽スポーツ社委託ランニングイベント企画運営・講師
専門雑誌へフォーム指導に関する記事の監修
企業のランニング部講師多数請負
FOX主催お台場マラソン大会700人の前でストレッチ講師
富山にて250人を集客するランニングイベント企画運営
KULIA代表のKANATAこと田中康二です。出身は広島県福山市になります。
小学2年生から競技に没頭する日々を過ごしました。それほど速く走る才能がなく、すぐにマラソンをしたいと願い取り組み始めました。
努力を少しづつ重ね、高校駅伝では全国大会を経験し、箱根駅伝は走れこそしませんでしたがエントリーメンバーに入りました。しかし、力がうまく入らなくなる通称「かっくん病」と呼ばれる長距離選手特有の症状に高校3年生から抱え、治る兆しはありませんでした。その症状を支えるためにコアマッスルを中心にトレーニングなど細かな努力を重ねることで最低限のパフォーマンスを維持しながら走っていました。
しかし、毎年重ねる無理が蓄積したのか最終的にはヘルニアになりかけになるほど腰に重大な故障を抱えてしまい、結果大学3年生の最後に退部し、14年間続けた競技に終止符を打った経験があります。
今思うと、非常に痛く苦い経験でしたが、症状を抑えるバランスやコアトレーニング経験や知識に加え、トレーナーとして必要な専門性を学ぶことで走るために必要なパフォーマンス提案をよりしっかりとした提案ができるようになり、故障や怪我などのアドバイスを始め、原因への対策と解決方法の提案や実際のトレーニング指導などを大事にしています。
「怪我なくとりくみ、カラダとココロの可能性にチャレンジしてほしい」
そんな願いを持ちながら皆さんのチャレンジを応援させて頂いています